元偏差値40が3カ月でTOEIC600点を取得したオススメ勉強法

TOEIC600点は「英語がそこそこできる人」という基準の数値といわれています。

TOEICは多くの大学生や社会人に学ばれている資格で、知名度もバツグン。
就活や昇進にも役立つので、喉から手が出るほど欲しい方も多いでしょう。

そこで今回は、私が実際に3カ月でTOEIC600点を取った勉強法をご紹介します。

もしかしたら「元から英語得意なんでしょ」という声もあがると思いますが、私は高校2年の頃まで英語の偏差値は40あるかないかでした。

大学受験直前の河合塾の模試でも、英語の偏差値54。
しかも受験時は私学入試でリスニングはなしで、リスニングに関しては完全なド素人状態から臨みました。

ここまでの話を聞いて、皆さんが「できるかも!」って思ってくれたら幸いです。

なぜなら、TOEIC600点は高い壁じゃないからです。

ちゃんと勉強すれば誰にでもすぐに取得できて、しかも難易度のわりに評価される「コスパの良い資格」でもあります。

TOEIC600点なんてちゃちゃっと取って、ばんばん資格欄を埋めちゃいましょう!


勉強法の前に、TOEICのモチベーションを上げたい方はこちらもどうぞ!


実は、TOEIC600点に単語帳は必要ない?


誤解を恐れず言うならば、私はTOEIC600点を取る上で、単語帳は必要ないと思ってます。

なぜならリスニングやリーディングを繰り返しやっていれば、必要最低限の単語は勝手に身についちゃうからです。

次の項目でお伝えしていますが、TOEICリスニング、リーディングの攻略方は繰り返し解くことです

私の場合は、リスニング・リーディングパート共に完璧に理解するまで、同じ問題を何十回でも繰り返し読み聞きすることを繰り返しました。

完璧に理解するまで繰り返す。
つまり、1問やって次の問題に進むときにはすでに単語が体に染みついているということです。

皆さんも共感してくれる方が多いかと思いますが、やっぱり単語帳ってモチベーション上がりませんよね。僕も一緒で問題集ならともかく、何故か単語帳となるとページをめくる手が重い重い

単語帳を読むのが好きな方はそのまま続けて頂いて良いと思いますが、嫌いな方は無理して読まなくてもいいと思います。実際僕は読まずに600点を突破できたので、一応成果も立証済みです

完璧に理解するまで同じ問題を何十回でも繰り返し聞く、読む。
これをやっているうちに勝手に単語力が身に付きます

しかしplayとかtalkなどの超基礎的な単語が分からない人は、一応基礎的なモノだけが載った単語帳を買ったほうが良いと思います。

ちなみに私が大学受験の時に使っていたのがコレ

一応使ったことのある単語帳じゃないと説得力ないと思うので紹介しますが、これは高校や大学受験向けの教材なので、試し読みして「なんか合わないな」と思ったら、これ以外の自分が好きなものを買うのが良いと思います。

単語帳は基本的に何週も繰り返して読むのが良いとされているので、自分の直観で「これいいかも」っていうのを選ぶのがオススメですね

自分に合わないテキスト使ってても開くの嫌になっちゃいますもんね・・・泣。

リスニング、リーディングは同じ教材を繰り返し使う

あなたは、今持っている問題集を何週解きなおしましたか?

「もし一周しかしてない」「答え合わせしかしてない」という方は、ぜひ本棚に眠っている本をもう一度開いてみてください。

きっと一度解いた問題であっても意外と解けなかったり、本文中の単語や文法が理解できていない箇所がいっぱいあると思います

人間の脳みそは一度で完璧に理解することは不可能で、何度も繰り返し刷り込まないと誰でもすぐに忘れてしまいます

忘れることは悪いことではありません。むしろ脳みそは、嫌な事も忘れさせてくれるので、忘れることに感謝しなければいけませんね笑。

また、新しい教材を買いまくると経済的にも結構負担があるんですよね・・・。
TOEICの教材ってめちゃ高い

今ある教材を大切に使ってあげる方が経済的で英語の上達にも役立ちますし、バイトをして時間を削るよりもよっぽど効率的だと思いませんか?

どのくらい繰り返せばいいの?

教材は繰り返し使うのが良いとお伝えしましたが、ではどのくらい繰り返せば良いのでしょうか

その答えは「本文中の単語や熟語、そして文法が全て理解できるまで何度も読み直す」ことです。

それもただ頭で唱えるのではなく音読をしましょう。
音読をすることで、英語のリズムを捉えられるうえ、自分が聞き取れなかったところの深い理解につながります。

リスニングの場合は少しでも聞き取れない文があったら、聞き取れるようになるまで、スピードを変えて低速で何度も練習

先ほど単語帳は必要ないとお伝えしましたが、その理由はこの何度も問題集を解きなおすのが関係していて、問題を繰り返すうちに自然と単語が頭に入ってきます。

そしてどうしても頭に入らない単語だけスマホの待ち受けなどに設定して「もう嫌!」というくらいお付き合いしてあげましょう笑。

私はリスニングの勉強の際は、一つの問題につき最低でも20回くらい繰り返していました

多くやっていれば偉いというわけではなく、それくらいやらないと文が聞き取れなかったんです。

私の友人も勉強を始めたばかりの頃は「何度も繰り返しても聞き取れない!」と嘆いていました。

しかし一週間くらいこの勉強法を続けると、「反復するごとに聞き取れる箇所が増えるから楽しくなってきた」と、一転して大喜びしていました。

今はできなくても、来月には必ずできるようになっています

そのことが体で理解できると勉強も楽しくなってくるので、ぜひ最低一カ月はこの方法で勉強してみてくださいね!


私が実際に何十回も繰り返し使用した問題集がこちらです。

正直「この一冊をやりこめば他に問題集は必要ない。」と言い切れるくらいの良書です。

さらに2018年現在、新形式問題が200問プラスでついてくるので、合計800問とコスパも抜群

これから何の問題集をやりこもうかお悩みの方は、ぜひこの一冊を選んでみてください。
きっと後悔はしないはずですよ。


まとめ

以上、TOEIC600点取得のための最強メソッドでした。

実際に私が試して上手くいった方法しか載せていませんので、実用性は必ずあると思いますよ

今までの勉強法で続かなかった方は、ぜひ試してみてくださいね。

単語帳が嫌すぎて、英語が嫌いになってしまっては元も子もないですからね。結局継続が一番大切ですので、できるだけ楽しく勉強しましょう!

また、次回は私が実際に使用した教材も紹介したいと考えていますので、そちらも参考にしてみてください!


これなら俺にもできるかも!

そう思ってくれた方は、きっと自己成就予言がかかっているはず。

その思いを強くすればするほど、夢の実現に近づきますよ!

kazu

ゲームと英語好きおじさん(24) 主なゲーム歴 初代EXVS 少将.APEX LEGENDS ダイヤ4. ~現在プレイ中~halo infinite ゴールド6 TOEIC850点 気軽に絡んでくれてええやんええやん!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です